【投資家インタビュー記事】私にとって丁度良いリスクリターンと思っています。

2023.06.27 インタビュー

B-Den(ビデン)へ投資頂いております投資家の中から、投資家様へインタビューを実施させていただきました。
これまでも数多くのクラウドファンディングで投資を検討されB-Denでの投資をご検討頂きました経緯などをお伺いいたしましたのでこちらに公開させていただきます。

投資家 : H 様
40代 経営者

 

投資方針:比較的手間がかからず運用をしたい
趣  味:ゴルフ
投資経験:資産形成の為に投資信託を中心にコツコツ経験あり

私にとって丁度良いリスクリターンと思っています。

B-Den(ビデン)を知ったきっかけは?

インターネットで不動産ワンルームなどの実物投資と不動産型クラウドファンディングという形で比較していました。その際、偶然見つけました。
実物だと数千万円という単価かつ収入も突然の支出や諸経費があり実際どれくらいのリターンがあるのかわからないことを懸念していました。
不動産クラウドファンディングは、比較的リスクを限定して投資ができることが分かったので調べることにしました。

配当利回りが8%などの商品もあるのですが、実物不動産が4%などの相場なのになぜこれほど高い配当がだせるのか不安に思い、よく見てみると、売却益あった場合の想定ということでした。

自分自身は、あまりリスクをとらず安定し、配当が高いほうがよいので、3%以上で賃料から配当をだせるような商品設計をするほうが好みでした。上場会社が設計している「B-Den」が目に留まり、投資を決めました。

 

これまでほかの金融商品への投資経験はございますか?

あります。詳しいわけではないですが資産運用はしなければという思いも有りできる限り分散投資として投資信託などを買っています。

いろいろ有事はありますが比較的順調に進むようなバランス型をコツコツしています。

 

クラウドファンディングのイメージはいかがですか?

 初めはあまり良いイメージはなかったです。何かの記事でハイリスクハイリターンなものもあると見た印象が残っていました。

ただ、調べている中で商品の種類にもよるのでしょうがリスクコントロールができるので、あまり神経質にならなくてよいクラウドファンディングがあると知り、今は魅力的に感じています。

 

今後資産運用に際しB-Denに期待することなどはありますか?

クリック合戦になり、買えないので改善を期待します。これまで何度か投資を試みましたが数分で完売する為、いつも買えないのがストレスでした。

抽選式やリピーターへの優先枠など何か工夫頂きたいなと思います。
あとは、募集時間(18:30頃)は、仕事をしているためもう少し遅いと嬉しいです。

 

クラウドファンディングのリスクとリターンについて運営側としてどう見ていますか(投資家様からB-Denへの質問)

(B-Den担当者)頂きましたご質問ですが、クラウドファンディングには、大きく3種類(貸付型・不動産型・寄付型)があります。

弊社はその中でも不動産型のクラウドファンディングを行っております。

その中でも各社特徴が異なり、当方(B-Den)はできるだけ発生が見込まれる賃料からの収入をベースにした貸付型に近い商品設計をしたいと考えています。

厳密には不動産型は、不動産の価値が下がれば出資額が棄損をする可能性もあります。

そのリスクを、当社が劣後出資することで、優先出資者である投資家のリスクを抑え、万が一、売却価格が下落してもある程度(劣後出資割合)に応じ、左右されにくい工夫をしています。

世の中には、ほぼ配当原資が売却益頼みというものもありますが、売却が想定以上にできるか否かのその時の市況にも左右されますので、利回りが保証されていないことも理解の上投資する必要があります。もちろん各社様の努力で仕入の優位性や、バリューアップの企画、販売活動やスキーム面でリスク回避の工夫されていますが、プロである事業者の目利きや事業観にも違いはあるのでリスクとリターンの振れ幅はご自身でしっかり確認いただき少額から始めることをお勧めいたします。

 

インタビューを終えB-Den担当者より

今回は貴重なお時間頂き誠にありがとうございました。これからもB-Denのサービス満足度向上と商品設計ならびに対象不動産の厳選を行い運用商品としてご満足頂けるよう努めて参ります。
先着順の改良や募集時刻についても貴重なご意見ありがとうございます。今後B-Denも対象の不動産自体の規模や立地などこれまでよりグレードアップする予定です。

引き続きB-Denをよろしくお願いいたします。

 

 

B-Den(ビデン)で不動産投資を始めてみませんか?(PR)

一覧に戻る